小松YEGとは

小松商工会議所青年部は、次代の地域経済を担う後継者の相互研鑽の場として、また青年経済人として、資質の向上と会員相互の交流を通じ、自社の企業発展と豊かな地域経済社会を築くことを目的として活動しています。

商工会議所青年部「YEG」とは

「YEG」(若き企業家集団)とは商工会議所青年部の英語名(Young Entrepreneurs Group)の頭文字をとったもので、同時に商工会議所青年部の持つコンセプト(若さ、情熱、広い視野)を持った経営者=Youth,Energy,GeneraListを表している。

会長挨拶

2021年度 小松商工会議所青年部会長 森下 誠

スローガン『新時代到来!!』~ ともに稼ぎ、地域を豊かに! ~

〇新時代到来
 2019年に中国で発生した新型コロナウイルス感染症が瞬く間に世界中に広がり、多くの犠牲者を出すとともに、世界各国が多大な経済的ダメージを受けました。我が国においても東京オリンピック開催で大いに沸く予定だった日本経済が、開催延期を受け大きく停滞することになり、なかなか終息の見通しがつかない感染拡大がサービス業等を中心に大きなダメージを与え、人々を困惑させました。これまで、戦争や大規模災害などといった国難ともいえる状況を幾度となく乗り越えてきた我が国にとっても、新たな国難襲来であるといえます。この新たな国難に立ち向かうべく、「アフターコロナ・ウィズコロナ」という新しい時代に突入していくことは業種問わず容易なことではありません。「アフターコロナ・ウィズコロナ」は簡単そうに聞こえますが、我々商売人にとっては戦略や手法を誤れば大きな差が出ると同時に、大きな失敗に繋がりかねません。かといってこのままでいいともなりません。「高い壁を乗り越えたとき、その壁はあなたを守る砦となる」ことを信じ、青年らしく果敢に挑戦すべき時代が来たのだと私は思います。まさに今こそが、ピンチをチャンスに変えられる“新時代到来”といえるのではないでしょうか?
 また、昨年度より組織力の強化に取り組んでいる我々小松YEGですが、今後を見据え、更なる組織力強化が求められています。新しい人財をどんどん発掘し、地域に見合った会員数に増やすとともに、全国大会という大きな目的に向かって研鑽と交流を積み重ね、地域の負託に応えられる組織を目指すべきと考えます。今まさに小松YEGにとっても“新時代到来”といえます。

〇ともに稼ぎ、地域を豊かに
 我々は単なるボランティア集団ではありません。まちづくり活動は行いますが、それは、“地域の経済的発展の支えとなり、新しい文化的創造をもって、豊かで住みよい郷土づくりに貢献する”ことであり、経済的発展がなければ我々のまちづくり活動とはなりません。まずは我々が地域のそれぞれの分野のリーダーとなれるよう研鑽と交流を積み重ね、精力的に自企業の発展を図るべきであり、その成果が地域経済の歯車となり結果的に豊かで住みよい郷土づくりに貢献することに繋がります。そして、会員企業の更なる発展を目指すべく、会員の相互研鑽・会員相互の交流をこれまで以上に充実させ、様々な情報を交換し共有することが会員拡大や組織力強化に繋がり、地域に誇れる“若き起業家集団”が地域の将来を真剣に語り合える仲間となり地域を豊かにしていきます。

綱領

商工会議所青年部は、地域社会の健全な発展を図る商工会議所活動の一翼を担い次代への先導者としての責任を自覚し、地域の経済的発展の支えとなり、新しい文化的創造をもって、豊かで住みよい郷土づくりに貢献する。

指針

われわれ青年部は
一、地域を支える青年経済人として 先導者たる気概で研鑽に努めよう。
一、国際社会の一員であるべき 国際人としての教養を高めよう。
一、豊かな郷土を築くために 創意と工夫 勇気と情熱を傾けよう。
一、文化を伝承しつつ 新しい文化の創造に向かって歩を進めよう。
一、行動こそ時代を先駆けるべき青年の責務と信じ、力を合わせ国の礎となろう。