世の為、人の為に
~理想を描き、現実を変えよう~

小松YEG 2020年度スローガン

新型コロナウイルス感染症への対抗宣言

私たち小松商工会議所青年部は新型コロナウイルス感染症の流行に対して
下記のように宣言します。

一、うわさ、デマに流されません
一、感染者、関係者のプライバシーを守ります
一、医療関係者、前線で戦う方々に感謝し応援します
一、地域経済の維持と発展に尽力します

小松商工会議所青年部 一同

謹賀新年

2021年の新年を迎え、謹んでお慶びを申し上げます。
昨年は新型コロナウイルスの世界的流行により、戦後最大の経済危機「コロナショック」が起きました。各国政府が実施したロックダウンや外出禁止措置に伴う前代未聞の有事に陥りました。そして、私たちは「いま」も有事の中を生きています。
このコロナショックは「ソーシャルディスタンスの確保」「マスク着用」「3密回避」「テレワーク」「デジタルトランスフォーメーション」など新しい生活様式(ニューノーマル)の実践を迫りました。結果、消費者の購買行動やライフスタイルが変化し、社会の価値観も大転換しました。
「コロナ後はコロナ前には戻らない」。誰にも終息を正確に予測するコトは難しく、誰にも分りません。したがって、予測の正確な答えを問うのではなく、有事の状況を分析し、我々が歩むべき目的、指針を判断基準として、決断、実行するリーダーシップが求められます。
私たちはこの非連続なる現実を「変化こそ常道」と捉え、活動、経営を止めず、変化に強い組織体をデザインしていかねばなりません。情報が揃わない有事の時は、固定観念や常識、過去のしがらみを「断ち」、現実や未来と向き合い「決める」、『決断』こそが必要です。
ニューノーマルな新しい社会においては、なぜ我々が存在するのかという「存在価値」以上に、いかに社会に貢献するかという「貢献価値」へと変化していく必要があります。
決断というリーダーシップの発揮こそが、企業を救い、社会を救い、日本を回復していく本質となります。
2021年の干支は「辛丑(かのとうし)」。「辛」は大変な出来事を乗り越えようとする状態を意味します。また、「丑」は協力して結びつきが強くなる状態を顕します。明るい未来の創造に向けて、英知を結集し、勇気と情熱を持って、新しい社会へ挑んで参ります。
今後とも変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。皆様方の益々のご繁栄とご健勝を衷心よりお祈り申し上げます。

小松商工会議所青年部 第21代会長 小野 知一郎

about 小松YEGとは

⼩松商⼯会議所の⻘年部に所属する若⼿経済⼈が地域の経済を活性化させる団体です。

「YEG」とは "Young Entrepreneurs Group(若き企業家の集団)" の頭⽂字をとった名称です。
若者として相互研鑽に励もう、地域経済の発展を先導しよう、豊かで住みやすい街を作ろう、このような⽅針を掲げて活動しています。

MEMBER 会員

私たちが地域を活気づけます︕

地域のさまざまな業種の経済⼈が集まっております。
製造、⼩売、飲⾷、広告、インターネットなど、あらゆるジャンルの専⾨家が集い地域の発展のために活動しています。
地域のイベントの協⼒なども⾏っております。気軽にお声がけください。